calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    小松島港まつりのポスター

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

      人がいいだけじゃ総理大臣は務まらないことを昨日知りました。

      その人がいい総理大臣がツィッターをやると云っていたので

      私もやることにしました。

      人がいい総理大臣からは当然フォローはないと思いきや

      フォローしてくれました。

      やっぱり人がいいのでした(笑)

      昨年の12/15から初めて、今では2000を越すフォロワーさんができました。

      まちツイ(いま住んでいる町や出身地のTwitter仲間を探してみよう!)

      でも47都道府県のフォロワーさんが出来てました。


      本日、小松島港まつりのポスターを見つけました。


      小松島港まつりのポスター


      有名連による阿波踊りや花火大会があり約2000発の花火が夜空に

      上がります。

      毎年8万人の人出があります。

      市民の人口のちょうど倍になります。

      今年は7/18〜19でブルーインパルスの航空ショーがあるみたいです。

      それから、18日には嘉門達夫スペシャルライブがあるそうです。

      嘉門さんもツイッターやってて「あったら怖い話=#atakowa」

      につぶやいたところフォローしてくれました。

      遠くに思える人がこんなに近くに居る気分になれるツイッターは

      面白いですね。

      さあ、小松島港まつりが楽しみです。


      いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。
      下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
      クリックしていただけると、とってもうれしいです
       にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

      ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為 
      チェック後に公開しております。ご容赦ください。 

      小松島港とJR牟岐線の中田駅

      0
        JUGEMテーマ:日記・一般

        昨日は大手量販店で買って来てと頼まれたマウスと、あと調べ

        たかったモノのカタログを持って店内を歩いてました。

        それから、いろんなことを商品を眺めながら考え事をしてました。

        さあ、帰ろうと思ってお店を出たとき手に違和感が・・

        「げえっ!マウス持ってるw」

        急いでお店に戻ってちゃんと支払って来ました。

        その様子を察したのか、レジの店員さんに笑われました。

        しかし、まかり間違って万引き犯になるところでした。



        車を運転しながらよく考え事をしていて目的地を過ぎて

        しまったりすることも多々あります。

        こういう自分って大丈夫かなあと思う今日この頃です。

        今日は昨日と違って悲しくはありません。



        よく悩んでると不思議に辿り着くところがあります。

        それは故郷の小松島港とJR牟岐線の中田駅と云うところです。

        "中田駅”と書かれてると"なかたえき"って読むのが普通ですが

        ”ちゅうでんえき”と読みます。

        最盛期は6両の車両でこのホームからはみ出していた頃も

        ありましたけど、今は無人駅です。


        牟岐線中田駅


        線路に紫色の小さな花が咲いていてかわいらしかったので

        撮りました。

        その花の目線になりたかったので座って撮りました。

        携帯写真だから見づらいですけど、花は咲いてます。

        鉄男さんじゃないけれど錆びたレールを見ていると

        なぜか落ち着きます。

        そんな場所やモノって誰にでもあるんじゃないかな。


        いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。
        下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
        クリックしていただけると、とってもうれしいです
         にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

        ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為 
        チェック後に公開しております。ご容赦ください。

        金長大明神の写生大会

        0
          JUGEMテーマ:日記・一般

          こどもの日と云っても我が街ではそんなに大したイベントは

          無かったみたいです。

          理由は簡単。

          あれば、朝から花火の音で起こされていたことでしょう。

          私が子どもの頃、5月5日のこどもの日にはこの金長大明神で

          写生大会がありました。


          金長たぬき神社


          ほぼ、小学生は写生大会に参加してました。

          廻りのは出店も出たりして随分と賑わっていたモノでした。

          そこには藤棚があり紫色の藤の花がぶら下がっていました。

          ちょうど神社の隣に市立の動物園もありました。

          今は藤棚も動物園もありません。

          それに写生してる子ども達もいません。

          市の予算の関係もあるんだろな。

          淋しい限りです。


          金長たぬき神社の由来

          金長大明神は商売繁盛、開運の神様なんだ。

          今度、ちゃんとお参りしておこう。

          それから・・

          国鉄の車庫の跡地にできたたぬき広場にも行ってみました。

          大きなたぬきのブロンズ像は金長大明神です。


          たぬき広場の金長たぬき像

          その前で柏手をパチパチと打つと像の後ろから滝のように

          水が流れます。

          ちょうど、子どもたちがその滝で水遊びしてました。

          ゴールデンウイークも最終日です。

          この日、ミクシーのコミュ仲間が大神子海岸でBBQやってました。

          締め切りまでに参加を告知するの忘れちゃって。

          ご迷惑がかかったらいけないと今回は参加を見送りました。

          ただ、どんな様子かちょっと寄ってみました。

          大神子BBQ20100505

          70人もの人が集まってたそうです。


          私はGWに何もしないで終わっちゃったかなあ。


          いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。
          下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
          クリックしていただけると、とってもうれしいです
           にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

          ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為 
          チェック後に公開しております。ご容赦ください。

          ダルマ朝日のビューポイント

          0
            JUGEMテーマ:日記・一般

            昨晩にNHK熱中時間「空の光」って番組を見てました。

            それでびっくりしました。

            地球の影が地球に居て見えるとはうん十年生きてて

            知りませんでした。

            地球影(ちきゅうえい)って呼ぶんですね。

            空に見えるさまざまな美しい光学現象に熱中してる

            人のお話で虹のほか、彩雲、暈、幻日、環天頂アークなど

            普通の人が気づかない不思議な光学現象を撮影していました。

            写真は地球影を撮ったモノです。

            地球影

            薄い桃色した帯の下に濃い青色をしてるところが地球影です。

            太陽が昇り掛けの時や沈んだ直後に見られます。

            地球が球体をしている証明なんです。

            自然現象を捉える写真っていいですよね。


            私も自然現象を追っかけたことがありました。

            ダルマ朝日を検証したことがありました。

            きっかけはテレビで津田海岸がダルマ朝日のビューポイント

            だって聞いたモノですからそんなの小松島港からも見えるだろう

            と思ってました。

            それであれは2年前の12月でした・・

            ついにダルマ朝日の検証を決行です。

            その日はモノ凄く寒かったのを覚えています。

            遙か沖を眺めていると雲があって、見えるのかどうだかの

            可能性もわかりません。

            だんだん白んで来ました。

            白んで来た小松島港

            どの辺から朝日が昇るのかまだわかりません。

            当然ですけど、驚きです。

            日の出の時間午前6時53分に朝日が昇って来ました。

            ダルマ朝日の検証

            しかし、残念

            小松島港だと季節にもよるのでしょうが、和田島の半島があって

            そこから陽の出が昇るんですね。

            和田島があったんだ!

            そうだった!

            ばっかじゃなかろか・・

            和田島からはだるま朝日は見えそうだと云うことがわかりました。

            今度は和田島に行って検証しよう。

            きっと綺麗なダルマ朝日が見えると思うな。

            今回、港に行ってみて朝の早くから散歩して朝日を拝んでる人や

            鳩にパンくずの餌をやってる人もいました。

            そうやって街は動き出していくんだ。

            小松島の街の朝


            って想ったことでした。


            にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
            ※上記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
            クリックして頂けるとうれしいです♪

            ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為 
            チェック後に公開しております。ご容赦ください。
             

            宇高航路を惜しむ声

            0
              JUGEMテーマ:日記・一般
                TOKUSHIMAnow

              写真を撮ったとき、ちょうど義経夢想祭というイベントを

              やっておりました。

              義経夢想祭

              写真の林の中に白い吹き流しの様なモノが見えるところが

              旗山といいます。

              馬に乗った義経のブロンズ像が建てられています。

              また、旗山はおいおいに日記で紹介します。

              源義経は、屋島の合戦のときに、この小松島の海岸に

              着き、そこから讃岐屋島に入ったそうで、

              そのゆかりの地。

              実際は台風の影響で、屋島に上陸するつもりが流されて

              しまった様です。

              辿り着いた小さな山を旗山と云うようになりました。

              義経が「ここはなんというところか?」と尋ねた際

              「ここは勝浦(当時)と申します」と答えたところ

              「戦の前に勝浦とは縁起がいい」と云ったと

              伝えられております。


              それで想い出しましたが、船の旅ってもう何年も

              やったことがないなあ。

              一番、最後の船の旅は東急オーシャンフェリーで

              東京から田舎に帰ってきた、もう十数年前のことです。

              今日の朝刊に高松市の国道フェリーと四国フェリーが

              廃止となって宇高航路が来月3月26日で百年の

              歴史を閉じることになります。

              上京や帰省の際、何度か利用したことがあります。


              こんなことがあったっけ。

              当時の上りの宇高連絡船に乗ろうとして通路を渡ってると

              降りてくる見知らぬ客から

              「○○さんでしょ。元気にしてるん。どこ行ってるの?」

              って聞かれて・・

              「すいません。私は○○ではないです。人違いです。」

              と答えても全然信じて貰えなかった事件がありました。

              そのとき・・

              「世の中に自分とそっくりな人間は3人いる」

              ってことを信じましたよ(笑)

              本四架橋が出来る前は、我がふるさとは港町なので

              そこから和歌山港経由でもよく船は利用してましたね。

              私は船でふるさとをあとにすることが一番辛いことでした。

              景色がだんだんと小さくなって行くんです。

              街の景色が小さく小さくなって消えるまで甲板で眺めてた

              ことを今でも想い出します(涙)

              演歌に船旅の悲しい気持ちを語る唄が多いのはうなずけます。

              宇高航路が消えてしまうのことは本当に惜しまれます。


               にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
              ※上記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
              クリックして頂けるとうれしいです♪

              ※コメントは受け付けております。いたづら書き防止の為 
              チェック後に公開しております。ご容赦ください。

              << | 2/4PAGES | >>