calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    福島原発冷温停止とゴジラ論

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

      福島原発の事故を思うとこんなことが頭に浮かぶのです。

      猿の惑星・・
      宇宙旅行から地球に帰って来たつもりが到着した惑星は
      猿が人間を狩る星であった。
      コンピュータが間違いにより地球以外の惑星に着陸したと
      思っていたがそこは核戦争後の地球であったことが自由の女神像から
      わかってしまうまでが猿の惑星シリーズの第一作でした。

      猿のメイクの凄さにびっくりした映画でした。

      それからつい最近に惜しまれながら逝ってしまった小松左京さんの
      作品で「復活の日」があります。

      復活の日・・
      細菌兵器から人類滅亡の事態となったが生き残った人類も大地震で
      誤操作したコンピュータによって米ソの核戦争となってしまった。
      それでも人類は生き残った。

      っていう、なんとも2作品とも壮大なスペクタルで描かれていて

      正直、崇高な倫理感があります。


      核というモノが世の中に放たれる場合はそういうことがない限り

      こんなことは起きないという呪縛があったに違いありません。

      ところが今回の福島原発の事故はどうでしょうかねえ

      人の強欲が安全を切り捨てたあげくの果てであったんですからね。

      モスラのタマゴを見世物で大儲けしようとする悪徳業者みたいな

      ヤツが放射能を巻き散らかしたように思います。

      映画「モスラ対ゴジラ」ではその悪徳業者は逃げ遅れてゴジラに

      踏みつぶされるのですけどね。

      映画の中では絶対悪は処分されるのですよ。


      私は福島原発の事故はあってはならない人災であったと思います。



      いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。   
      下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
      クリックしていただけると、とってもうれしいです
       にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

      ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為        
      チェック後に公開しております。ご容赦ください。             

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.03.16 Monday
        • -
        • 16:16
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        管理者の承認待ちコメントです。
        • -
        • 2011/11/08 4:21 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック