calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    ゴールドからブルーへ

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

      5年目の免許更新を9月25日にやって来た。

      日曜日であったことと大安吉日だったこともあるから

      この日と決めていた。

      が・・・

      正直、めんどくさい。

      それと、警察の天下り先に更新料が渡るのかと思うとこういう時だけは

      税金をまじめに汗を流して納めてる日本国民面したくなる。


      行ってみるとやっぱり人は多かった。

      昔は免許更新と言えば代書屋が何件もあって

      「寄ってらっしゃい、来てらっしゃい」状態だった。

      東京で免許書き換えで府中の運転免許試験場でのことだった。


      代書屋の代わりに2千円はらうと警察御用達の交通安全協会がやってくれる。

      代書屋独占ってことかな。

      目の適性検査はちょっとだけ不安だったけど大丈夫だった。

      しかし、けっこうな人が不合格を言われてた。

      世間は目の悪い方が多いのだなと思った。


      まあ、ここでばらすとシートベルトをしてなかったことでゴールドが

      ブルーに変わった。

      なので、講習を1時間受けた。


      その講習の後半半分がドラマだった。

      なんと東映が作っていた。

      演じてる俳優は詫間伸、遠藤久美子などだった。

      ドラマの内容は・・

      わかってはいたが酒を呑んで車を運転してしまい

      人身事故を起こしてしまう。

      そして被害者は亡くなってしまう。

      被害者と加害者、そしてその両者の家族、加害者の会社の関係を描いてた。

      詫間伸は加害者の会社の社長だった。

      小さな会社の設定だった。

      民間ならこういう事態が起こると会社さえも倒産に追い込まれる。

      そういうことまでドラマは描いている。

      ただ、最近の酒気帯びで捕まってるのをニュースで見るが公務員が多い。

      ここ徳島の民間なら免停になっただけでも仕事ができなくなるからなあ。


      公務員の上司は首でもなければ仕事場が無くなるワケでもない。

      せいぜい減給くらいだろう。

      驚いたのはひき逃げだったモノでもまだ職場で働いていた例もある。

      なぜ、ここまで違うのだろう・・


       
      いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。   
      下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
      クリックしていただけると、とってもうれしいです
       にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

      ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為        
      チェック後に公開しております。ご容赦ください。          

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.03.16 Monday
        • -
        • 11:48
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック