calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    会社の壁を越えてオールジャパンの結集

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

      東日本大震災で自動車産業に与えた影響ってなんだったんだろうと

      思ってましたら、そこへこんな報道を見ました。

      東北の自動車の頭脳ともいえるマイコン工場が被災して自動車生産

      の遅れている原因だったそうです。

      なんの工場があったんだろうと思ってましたけど、そのチップは

      世界の40%のシェアらしいですよ。

      それが昨日のニュースで供給が1ヶ月前倒しで被災前と同じ生産量

      ができるようになると言ってました。

      それは会社の壁を越えてオールジャパンの結集があったからだと

      報じてました。

      マスコミも頑張ってる日本を強調してるのかな。

      売り上げにひびくとなるとここまで協力しあえるモノなのだと思う

      となんだか切なくなりましたね。

      オールジャパンで解決できるのなら雇用もどうしてオールジャパン

      で考えられないんだろうっかってね。

      雇用に関しては負の遺産なんだからでしょうか・・


      今までやってきた政府の雇用問題の施策も矛盾だらけですしね。


      その一つに「ワークシェアリング」

      興味のある方はこちら
      ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
      ワークシェアリングに関する調査研究報告書

      ワークシェアリングとは、雇用機会、労働時間、賃金という3つの
      要素の組み合わせを変化させることを通じて、一定の雇用量を、
      より多くの労働者の間で分かち合うことを意味する。

      お役所は4つのカタチに分類しているらしい。

      (1) 雇用維持型(緊急避難型):一時的な景況の悪化を乗り越える為、
      緊急避難措置として、従業員1人あたりの所定内労働時間を短縮し、
      社内でより多くの雇用を維持する。

      (2) 雇用維持型(中高年対策型):中高年層の雇用を確保するために、
      中高年層の従業員を対象に、当該従業員1人あたりの所定内労働時間
      を短縮し、社内でより多くの雇用を維持する。

      (3) 雇用創出型:失業者に新たな就業機会を提供することを目的として
      国または企業単位で労働時間を短縮し、より多くの労働者に雇用機会
      を与える。

      (4) 多様就業対応型:正社員について、短時間勤務を導入するなど勤務
      の仕方を多様化し、女性や高齢者をはじめとして、より多くの労働者に
      雇用機会を与える。


      率直に言って

      (1)雇用維持型に関しては製造では可能なのかも知れないが

      営業職ではどうだろうか?

      時間を区切って営業マンが変わるって本当に効率的だろうか?

      (2) 雇用維持型に関しては、中高年をそうまでして雇っている企業とは

      余程の熟練工でないと考えにくい。

      (3) 雇用創出型も(4) 多様就業対応型も似たようなモノでそれを徹底

      する施策もやっていないんじゃないかなあ。

      要するに世の中に少々存在する少数派のモノを集めていかにもやってます

      っていう施策に思えてなりません。


      正直、津波が来て家も工場も流されていった民間の工場に当てはまるモノ

      じゃなくって、これは、極端にいうと役所の建物が流されたって雇用が

      守られているモノの言い分のように思えるのです。


      公務のデスクワークこそワークシェアリングが可能な職種だと思います。

      なぜかっていうと・・

      1〜2年で配置換えの人事異動をやってるでしょ。

      ワークシェアリングをやることで人件費を減らすことだってできるし、

      浮いた人件費で新たに臨時職員を雇うことだってできるしね。

      工場が流されたら、そこで働いていた社員にも給料が払えなくなる

      民間のことを考えたらそれくらいはできそうなモノなんだけどね。

      そんな首長も出て来ない日本になってることが悲しい。


      もう一つに「70歳まで働ける企業創出事業」

      モノスゴク聞こえがいいですよね。

      しかし、70歳まで働かないと食べていけない。

      そんなのも辛いと思うなあ。

      それに70歳まで雇用して、尚かつ若者も雇え!ってねえ。

      そういうワケにはいかないでしょう。

      55歳定年でいわゆる渡りをやれる方が70歳まで働ける施策

      じゃないのかなあ。

      アリの様に働きたくても働く場所がない・・
      キリギリスの様に贅沢したいわけでもない・・
      ただただ雇用が欲しい人がいる。

      救えるのは国の施策しかない。


      いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。   
      下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
      クリックしていただけると、とってもうれしいです
       にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

      ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為        
      チェック後に公開しております。ご容赦ください。        

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.03.16 Monday
        • -
        • 17:54
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック