calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    80歳以上はヒトデナシ

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

      オイオイ、いったい全体どうなってんだい。

      自動車の任意保険の更新があると連絡があった。

      いつも割と早めに連絡が来る。

      いつもこの時期に巡ってくる。 




      前年と同じ保証で更新して下さいと恒例です。

      しかし、どうしたモノかなあ。

      こういう損保は毎年値段が上がって云ってることに気づく。

      それに、毎年、前年と同じ保証で更新してると思われてたのに

      してなかったことを知った。

      「バイクは原付乗りますからね」とあれほど云っていたのに

      昨年はファミリーバイクが追加されてなかった。

      なぜ、そんなことがわかったかと云うと・・

      今年に限って火災保険だのなんだのと根こそぎ損保や医療保険に

      加入させようと保険会社もメガバンクならぬメガ損保を目指して

      いるのだ。

      詳細を見せて貰ってわかった。

      どうも、生保とか損保は人に災いを流布して安心を買わせるという

      見事なまでの心理作戦の商売と思っている。


      それに80歳以上の人を人として見ないのもこの業界の特徴だ。

      80歳以上だと売り込む商品がないからね。

      この自動車保険を見ても感じるのだけど、今私は等級は最高て63%

      引きで毎月約8000円も支払っている。

      若葉マークの初心者ならこれの3倍は保険を払うってことになる。

      これじゃ若者の車離れもうなづけるな。

      タダでさえ給料は減ってるのに、ましてや社会人1年生のお給料じゃ

      自動車の任意の保険料さえままならないや。

      ネットの安い損保にするのはうなずける。

      これで掛け捨てなのだから損保会社はボロ儲けなんじゃない。

      そう思うといつも税金を投入してまでなぜ救ったのかとか、客に

      還元しても罰は当たらんでえと思いたくなるのです。

      それにしても、私の担当の保険屋のおっさんも困ったモノだ。

      これを機会に保険のことを勉強しなくちゃ。

      こういう時頼れるのがブログ仲間の
      ファイナンシャルプランナー中川氏のブログ


      いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。 
      下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
      クリックしていただけると、とってもうれしいです
       にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

      ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為 
      チェック後に公開しております。ご容赦ください。

      スポンサーサイト

      0
        • 2015.03.16 Monday
        • -
        • 19:02
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        ご紹介ありがとうございます♪

        おっしゃるとおり、保険会社は80歳以上の人の事は全く相手にしていません。

        それに、保険会社も代理店も自分たちのことしか考えていないのでお客さんのことを考えた保険商品や保険の提案は考えていません。

        今回代理店から提案されたのは「超保険」というやつじゃないですか?

        入ってもなんのメリットもありませんから断っておいたほうがいいですよ〜。

        しかし20等級で月8,000円は高すぎますね・・・

        一度見なおしたほうがいいかもしれませんよ〜。

        通販なら半分以下になるような気がします。
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック