calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    追悼スティーブ・ジョブズ氏

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般 

      黒のタートルネックのにジーパン姿で病気療養中で痩せてiPadの

      新商品発表に熱弁してたジョブズ氏の姿はかっこよく見えました。


      iPodプレゼン(2001年)はちょっとふっくらしててお金持ちの

      自慢話っぽくて好きではありません。

      小市民の私も思ったことは・・

      「いくらお金持ちでも健康は買えないモノなんだなあ」


      しかしながら、この偉人にはもっと長く生きていて欲しかったです。

      ご冥福を祈りたいと思います。


      私は林檎崇拝者でも窓崇拝者でもありません。

      アップル創設したジョブズ氏の方がウインドウズ創設者の

      ビル・ゲイツ氏に比べると崇拝者は多いのかなと思います。


      アップルの製品はiMac(ブラウン管)、シャッフル、iPod、それに

      今はiPad2を愛用しています。

      良くも悪くもパソコンという分野では全ては完璧である必要はなく

      一部はあいまいであっても構わないくらいのカルチャーショックを

      受けましたよ。

      外国製品をそれまでは手にしたことがなかったのです。

      それに何せ、日本製の完璧さの神話を疑う余地もありません

      でしたからね。


      パワーMACなど仕様変更が突然であったりしてメンテ泣かせな

      商品でした。

      クリエイター好みのまずはデザインから開発が始まるアップルの

      商品は本当にすばらしいと思います。


      だけど少々哀しいです。

      それは外国製のOSの製品が若者のスティタスになってることにです。


      ジョブズ氏の完成を持った日本人が現れるコトを希望します。

      Stay Hungry. Stay Foolish.
      (ハングリーであれ。馬鹿であれ。)







      いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。   
      下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
      クリックしていただけると、とってもうれしいです
       にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

      ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為        
      チェック後に公開しております。ご容赦ください。           

      龍馬の父役児玉清さん逝く

      0
        JUGEMテーマ:日記・一般

        龍馬伝で 龍馬の父八平役で語ったセリフを思い出します。

        「この世に生まれたからには己の命を使い切らんといかん。
          使い切って生涯を終えるがじゃ」

        龍馬はその答えをずっと探してたんやもんな。

        まるで、自分に言い聞かせる様にも感じました。

        死期がわかってたのかなあ・・


        最近の大河の児玉清さんはこのセリフが一番印象的でした。

        大河は大河でも中井貴一が武田信玄役をやったときの

        飯富兵部(おぶひょうぶ)役がもの凄く印象に残ってます。

        早く読みたいと訳していない英語の原本まで取り寄せるほどの

        もの凄い読書家だったのですね。


        「アタックチャンス!」ってねえ

        あの声が聞けないっていうのは淋しいです。

        また、昭和の名優が逝ったんだなあ。



        いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。   
        下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
        クリックしていただけると、とってもうれしいです
         にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

        ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為        
        チェック後に公開しております。ご容赦ください。    


        日本を今一度せんたくいたし申候

        0
          JUGEMテーマ:日記・一般


          云わずと知れた坂本龍馬が残した名言です。

          私も薄々は感じていたのですが・・

          あの金八先生こと武田鉄矢さんのラジオでの発言で確信しました。

          龍馬が語った「日本を今一度せんたくいたし申候」

          日本を今一度・・・ってことは過去に一度だけ洗濯したモノが居た

          ことになる。

          少なくとも龍馬はそう思ってたんですよ。

          過去も知りたいけど、この国難に日本を洗濯できるほどの国会議員は

          出てくるのだろうか?

          「志」を安っぽく語るヤカラは沢山いそうだけどね。

          それから、あの福島原発の事故以来、テレビでは専属の評論家が

          技術から政治の評論家がいっぱい居る。

          その中でも特に政治評論家に至っては批判は口にするモノの

          どうすればいいのかまで語るモノがいない。

          批判だけなら素人の方がもっとうまく言えるだろう。

          正直、週刊誌ネタばかり扱うテレビ番組に飽きた。


          いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。   
          下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
          クリックしていただけると、とってもうれしいです
           にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

          ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為        
          チェック後に公開しております。ご容赦ください。       

          徳島県出身の文化人

          0
            JUGEMテーマ:日記・一般

            おぉっ!地震ってなったら・・

            まず、テレビで震源地と震度を確認したがる。

            その後にツイッターに書き込んだ。

            本日の午後3時40分頃の和歌山県南部が震源地の地震だった。

            何かを伝えたい自分がいることに気付く。


            それはそうと、昨日にマラソンの放送でいつもの時間より1時間半

            遅れで始まった「そこまで言って委員会」を見ていた。

            今週は若者論に関して、語っていた。

            その中で面白いこと言ってたプレゼンターがいた。

            大学を就職しても就職できないこの時代は起業すればいいという。

            江戸時代ではどうやって飯を喰っていくか規制を潜り抜けて

            逞しく商売してたのだから出来ないことはないと言う。

            私は「ええこというなあ、誰やこの人?」と思った。

            儲かって無いように感じるが、公園でマンガを抑揚を付けて読み

            聞かせる商売があるという。

            その商売の例えが悪いとは思うけど、そういうモノの価値観は

            需要があるから産まれるんだろう。

            ただ、東京でうけるモノが田舎でうけるとは限らないけどね。

            昔、バブルの頃はこんな商売が存在してたことを覚えている。

            昼寝をする場所を提供するサービスだった。

            マンションの一室を借りて暗室にしていて、1人分のテントと

            寝袋を数張並んでいた。

            指定した時間に起こしてくれるっていうサービスだった。

            そんなもん、誰が利用するんだいって思うけど実際に利用して

            居た人がいるのだから仕方ない。

            なぜベットではなくてテントと寝袋だったかというと旅館として

            見なされるといろんな規制があったからだ。

            確かに規制を潜り抜けて商売していたのだけど、その元気は

            景気のいいときだけだ。


            今こそ、そんなバイタリティが欲しいところなんじゃ無いかな。

            と私と同じ発想で少しうれしくなった。

            で、そのプレゼンターの名前をうる覚えしてた。

            名前の「山口俊太郎」で検索すると、どうも違う。

            「山口敏太郎」で検索すると漫画原作者、オカルト研究家・・

            違うのかなと思ってたらツイッターでつぶやいていた。

            「たかじんのそこまで言って委員会の出演」ってね。

            調べてみると・・

            山口敏太郎(やまぐちびんたろう)
            1966年、徳島県生まれ。神奈川大学卒。96年作家デビュー。
            漫画原作者、オカルト研究家なども務める。
            放送大学院にて修士号を取得し、学者としての側面も持つ。
            不思議分野において本格的な解説ができる作家であり、
            オカルト研究家である。

            徳島県出身者にこんな漫画原作者も居たんだね。

            ちなみに柴門ふみは徳島県出身の漫画家です。


            いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。   
            下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
            クリックしていただけると、とってもうれしいです
             にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

            ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為       
            チェック後に公開しております。ご容赦ください。            

            刺客は亀次郎さん

            0
              JUGEMテーマ:日記・一般

              刺客が風林火山で武田信玄役の亀次郎さんだったので安堵しました。

              AB蔵じゃなかったしぃ(笑)

              で、なんで中川家(礼二)が出てるん。

              龍馬伝探訪では坂本龍馬に岩崎弥太郎は長崎で自分の思いを語った

              ところ拍手でいっしょに喜んでくれたことを話してました。

              龍馬さんが絶命のシーンじゃなく、その後の弥太郎の回想シーンで

              自分は涙しました。

              どうしようもない龍が成し得たことの偉大さが身にしみて解ってる

              弥太郎の気持ちがわかるから余計に泣けたと思います。

              それにしても龍馬の名言の・・

               「世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る」

              この言葉に何度元気をもらったことかなあ。

              今の政治家に言いたい。

              「こんまいやつやんなあ。
               私利私欲にしか目がいかん政治家さんよ。
               薄っぺらの志はいらんぜよ。」

              日本はおもいっきり洗濯されなあかん。

              脱水機でいらん政治家しぼりきらなあかん。


              いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。   
              下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
              クリックしていただけると、とってもうれしいです
               にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

              ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為       
              チェック後に公開しております。ご容赦ください。      

              | 1/3PAGES | >>