calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    バカボンのパパと金八先生

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

      今日は余りにも早く起きてしまいました。

      ついついパソコンのスイッチに手がいってました。

      ツイッターを開けてみると流石にこの時間はつぶやき混雑はして

      いませんでした。

      「おはようございます。
       朝4時半に目が覚めた。
       もう外は明るい。
       さあ、寝るか。
       おやすみなさい(^^」

      とつぶやいたものの・・

      テレビをポチッと付けてしまいました。

      あぁ!言い違いすれ違いって番組を観てました。

      ふとしたことからすれ違ってしまうコミュニケーションのギャップ

      を考えます。

      スタジオは、すれ違いに悩む人が集まる喫茶店風の空間。

      より豊かなコミュニケーションを築くためのヒントを、

      医師や作家など様々な視点からコミュニケーションを考えている

      専門家と探していきますという内容の番組らしい。

      本日は「“場の空気”は誰が作るの?」ってテーマでした。

      その中で興味深い発見がありました。

      それは・・

      「コードスイッチ話法」

      こんなモノの存在を知りました。


      3年B組の金八先生やみのもんた、小泉元首相はコードスイッチの

      達人なんだそうでよ。 

      「です。ます。」調の堅苦しい話し方と「〜だ。である。」など

      くだけた調子を混在させる話し方で、話のモードを換えるやり方です。

      この「コードスイッチ話法」は意識的にやるとかなり使える

      テクニックで、それは相手との距離感、空気において作用する

      そうです。

      この話法を使うと反論しにくい状況を作るんだそうですよ。

      どおりで人を騙せたワケだ(笑)

      「これでいいのだ!そうですよね」





      それではおやすみなさい。

      いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。
      下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
      クリックしていただけると、とってもうれしいです
       にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

      ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為 
      チェック後に公開しております。ご容赦ください。

      ひょうきん族のラブユー貧乏

      0
        JUGEMテーマ:日記・一般 

        昔、バラエティ番組のオレたちひょうきん族の中で何人トリオが

        唄っていた「ラブユー貧乏」のことを思い出しました。 

        それというのも、ちょっとワケありでして・・ 

        「何人トリオ」は本来は「難民トリオ」であるが、諸般の事情で

        「何人トリオ」となったんだそうですよ。 

        ロス・プリモスの代表曲「ラブユー東京」の歌詞を貧乏ヴァージョン

        に歌い替えた曲が「ラブユー貧乏」です。 

        ロス・プリモスがバックコーラスでラブユー貧乏を唄いながらセリフを

        語るヴァージャンで・・ 

        「皆さん、『若いうちは買ってでも苦労しろ』って言いますよね…。 
         売ったるから買って!!」 

        「皆さん、親の形見を質屋に入れたことありますか?
          僕何回かあります…。 
         入れるの簡単やけど出すの結構難しいね、アレ!」 

        「金持ちで病弱なのも嫌やけど…、貧乏で健康なのも結構つらいのよ!」 


        ちょっと悲しいけど大笑いしてたことを思い出しました。 

        東京にいた頃はいろんな人がいて身なりはいいんだけどお金の

        使い方が あまりにもルーズで、まず電話が止まる、次に電気、水道で

        月末にはかっぱえびせんをかじってたヤツもいて、そいつのことを

        よくこのラブユー貧乏の替え歌にして唄ってたのを思い出しました。

        ただ、それはかなり誇張してましたけどね。

        貧乏を笑いに変えてた時代が懐かしく思える。




        いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。
        下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
        クリックしていただけると、とってもうれしいです
         にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

        ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為 
        チェック後に公開しております。ご容赦ください。

        プロポーズ大作戦の民宿

        0
          JUGEMテーマ:日記・一般

          この3日連休も何もしないまま過ぎていってしまいました。

          春分の日には、お墓参りをしましたが、それを除けば

          何やってたんだろうって感じです。

          昨夜は悪友からの誘いで飲みに行きましたけど酎ハイ2杯で

          おしまいでした。

          相変わらずの休みをちゃんと充実できない自分に腹が立ってきます。

          東京暮らしをしていた若い頃は無茶ばかり出来てたのにな。

          連休があれば、とにかく旅行に出掛けてたなあ。

          ひとつやふたつではないですが、想い出した旅があります。


          あれはたぶん秋だったと思います。

          気の合う職場では先輩のKさんとよく旅行してました。

          飛騨高山に行こうということになり、車で出掛けました。

          ありゃ?確か・・

          穂高へ行った帰りに寄ったのかな。

          定かではなくなっちゃいました(笑)

          取りあえず、飛騨高山へ寄ったのは確かです。

          飛騨高山は古い街並みがあって癒されました。

          出格子の連なる軒下には用水が流れ、造り酒屋には看板とも

          いわれる杉の葉を玉にした「酒ばやし」が下がり町家の大戸や

          老舗ののれんが連なっていました。

          ほうば味噌の入ったお蕎麦は香ばしくて美味しかったです。

          いつも旅慣れしてたので泊まるときはビジネスホテルをお昼頃に部屋を

          予約しておくのですが、温泉街だとそういうワケにいきません。

          観光案内所に寄って今晩泊まれるとこを聞いてみることにしました。

          それで案内してくれたのが「惣助」っていう民宿でした。

          なんで名前まで覚えているかというと今でもその民宿の名刺を持って

          いるからです。

          いろりのある民宿でした。

          そこの民宿のおじさんが面白い人でした。

          車庫に黒光りする随分と古そうなバイクがありました。

          おじさんはそのバイクを自慢するんです。

          今ではカワサキってバイクメーカーがありますが、カワサキと社名が

          変更される前の目黒っていうときのバイクなのです。

          カッコイイのでまたがって乗っていいか聞くとオッケーが出ました。

          写真を撮らせてくれたお礼にその時持ってた東急ハンズで買った

          ジョッキーゴーグルを売ってくれって云われ無理矢理売ってあげる

          ことになりました。

          そんなことしてたら、夕食の時間です。

          当然、お酒も入ります。

          ふと壁に飾ってある写真を見るとプロポーズ大作戦の

          愛のキューピットをやってた桂きん枝の写真があります。

          この民宿で知りあってカップルになった人が居たんだそうです。

          それでプロポーズ大作戦の取材があったのだとか。

          懐かしいなあ、プロポーズ大作戦。


          そんな話もあってかお酒も進み宴も終わった頃にはベロンベロンでした。

          その頃、私も若くお酒のペース配分も考えずに飲んでました。

          部屋に戻るなり、急須の入った深いお盆にてんこもりのGぇ〜。

          介抱してくれたKさんには今でもそのことを云われます。

          「Kさん、その節は本当に申し訳ございませんでした。」

          で、このインターネットでなんでも調べられる時代です。

          その民宿「惣助」を検索してみました。

          ありました。

          ホームページはこちら→飛騨高山 いろり民宿惣助

          飛騨高山民宿惣助

          当時はこんなに客室はなかった様な気もします。

          ただ、気になるのが、ページを見ると・・

          代表者のお名前が女性なんですね。

          確か20年は過ぎてますから・・

          きっとおっちゃんも元気でいますよ。

          おっちゃん!宣伝しといたよ。


          いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。
          下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
          クリックしていただけると、とってもうれしいです
           にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

          ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為 
          チェック後に公開しております。ご容赦ください。

          | 1/1PAGES |