calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    昭和61年3月に起きた災難

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般

      休日に頻繁にあるセールスの電話が掛かってきました。

      どうやらソーラー電池をセールスでした。

      セ「従来の2倍の価格で買電できるようになったのを知って
       ますか?」

      私「それはニュースで聞いて知ってます」

      セ「○○スーパーで展示会してますので来られませんか?」

      私「そういう予定も無いので結構です.それに電気だと災害時に
        困るしね」

      セ「それは間違った認識です。ライフラインが一番速く回復
       するのは電気なんですよ」

      私「それは都会の話でしょ。都会は都市ガスでだから地下の
       パイプの断裂で届かんかも知れんけどこっちはプロパン
       ガスやからね。とにかくいらんから」

      と云って電話を切りました。

      ライフラインが一番速く回復するのは電気それが強みで電化

      を勧めてるのはわかってます。

      しかし、果たして本当にそうなのだろうか・・

      太陽光発電の普及は電力会社の策略に思えて仕方ありません。

      ガスの燃料電池を使った方がより効率的だと考えます。

      天候に左右されないし、それにどこにでも置けます。

      太陽電池だとロケーションに寄っては設置できないところも

      できてくるでしょう。

      東京鉄塔


      昭和61年3月に湿った雪で厚木の送電線の鉄塔が倒れて2日間

      にわたり大停電となりました。

      そのとき私は東京でひとり暮らしをしていました。

      東京にも20〜30センチの雪が積ってました。

      電線には雪がくっついてて綿菓子の様でした。

      東京も停電でした。

      温風ヒーター、ポット、炊飯ジャーも全て電気が来ないので

      使えません。

      火を使えるモノはガスしかなくお鍋でお米を炊きました。

      そんな経験がありました。

      そのとき災難時に備えるのに電気を頼るのはどうなかなと実感

      しました。

      太陽光発電の余剰電力を、従来の2倍の価格で電力会社に買い

      取らせる制度が、2010年11月1日から始まります。

      温室効果ガスの排出削減を進めるため、太陽光発電の普及を

      進めるのが狙いです。

      とは云え、買い取りにかかる費用は電気代に転嫁されて

      設備を設置しない世帯には出費だけが増える制度はいかがな

      モノでしょう。

      雇用や所得の悪化が続く中、おかしいと思います。

      ましてや、電力会社は円高で全ての会社は黒字です。



      私は太陽光発電を普及させようとするならこう考えます。

      過疎の村の生活困難地域の特に山間部の効率よく発電

      できそうな山の斜面に設置して街の電力をまかない

      余剰電力があるなら買電という行政と一体の運営は

      できないのかと考えます。

      どう思われますぅ・・

      p.s.
      大雪の停電時に私はスキーで左足を骨折してました。
      だから、外出にもできず、食べ物はバターライスで
      過ごしました(涙)

      いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。
      下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
      クリックしていただけると、とってもうれしいです
       にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン

      ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為 
      チェック後に公開しております。ご容赦ください。

      評価:
      サルマル ヒデキ
      自由国民社
      ¥ 1,680
      (2007-08-06)


      | 1/1PAGES |