calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2015.03.16 Monday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    起業家のしゃべり場

    0
      JUGEMテーマ:日記・一般 

      供給者本位から消費者目線に転換することが必要だ。
      経済の歯車を回すのは雇用。政府を先頭に雇用を増やす。
      医療・介護・子育てサービス、環境。需要のある仕事はまだある。
      雇用を増やせば雇用不安もデフレ圧力も軽減され、経済が活性化する。
      「新しい公共」も通じ、誰もが「居場所」と「出番」を実感できる。

      菅直人首相の所信表明演説の「成長と雇用による国づくり」に
      ついての要旨です。

      果たしてそんなにうまくいくのでしょうか・・

      大手製造業はすべて海外に工場を持つでしょうから雇用は期待薄です。

      今働いてる正規雇用の人も、もしかして「中国転勤」の辞令が出る

      かもしれませんね。

      医療・介護・子育てサービスについては補助金ばかりの体質の様に

      感じます。

      そこに雇用が産まれたとして本当に景気を上向きにする力があるの

      でしょうか?

      甚だ疑問であります。

      それよりも、もっともっと起業しやすい仕組み作りの施策をやって

      くれる方がいいです。

      日本に根付く社会起業家、学生起業家がどんどん育っていく様な

      ことにお金を使ってくれる方がずっといいと思う。

      起業の先駆者として・・
      ワタミ代表取締役会長の渡邉美樹さんのプロフィールを見てみると

      1959年生まれ、神奈川県出身。小学校5年生のとき、父親が経営する
      会社を清算したことから「自分は将来、社長になる」と決意する。
      明治大学商学部卒業後、会社経営に必要な財務や経理を取得する
      ため会計システムの会社に半年間勤めた後に、1年間運送会社で
      働いて独立資金300万円を貯める。
      84年に(有)渡美商事を設立、経営不振だった「つぼ八」の店を
      買い取り、FC店オーナーとして起業し、飛躍的に売り上げを伸ばした。
      1992年居食屋「和民」を開発。
      (1986年に株式会社ワタミを設立、87年にワタミフードサービス蠅
      社名変更。1996年に店頭公開。)

      この方が良い成功例だと云ってるワケじゃなく、上場会社まで築き

      上げたスタートラインには300万円の資金が必要であったことが

      わかる。


      何をやるにしても、0円からの開業はあり得ない。

      起業しようとする気持ちだけではダメだ。

      雇用しないと貰えない助成金はあるのだけれど、企画書など選考で

      起業家に資金を与える制度などあればいいのにと考える。

      ハイリターンを狙ったアグレッシブな投資を行うベンチャー

      キャピタルじゃなくてその後に雇用をしなさいというカタチの

      助成金があれば新たに産業も産まれ安くなるし雇用も出来るのに

      と思う。

      当然いざ実行しても企画倒れもあるだろうけど、ニョキニョキと

      新しい考えが出現可能な社会になれば景気に元気が出てくると

      思うのだけどな。

      そんな元気な社会起業家や学生起業家が産まれて欲しい。

      微力ながら私もそんな起業家のしゃべり場を提供しようと計画

      しています。

      P.S.今日が来年の春に就職する大学生の内定式だったからこんな
         ことを考えたのかなと思います。


      いつも時代屋逸品館応援して頂き誠にありがとうございます。 
      下記の各々のカテゴリでブログランキング参加中です。 
      クリックしていただけると、とってもうれしいです
       にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 徳島 その他の街情報へにほんブログ村 その他趣味ブログ 昭和レトロへ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン 

      ※コメントは受け付けております。いたずら書き防止の為 
      チェック後に公開しております。ご容赦ください。

      ボランティア

      0
        竹細工の虎

        本日は友人宅を訪問しました。

        パソコンの調子が悪いとのこと。

        そこでこんなモノ発見。

        写真の竹細工の虎です。

        なんでも、新聞に欲しい方差し上げますと友人のおやじ様が

        造ったモノ。

        評判を呼んで100個余りを造ったとのこと。

        このおやじ様はとにかくボランティア精神の持ち主で、竹炭の

        釜を自宅に建て竹炭をみんなに配ったこともある。

        竹細工もクワガタ、とんぼ、伊勢エビなど多彩な作品があります。

        それで私は思います。

        ボランティアで配るのではなく、もう少し社会起業を考えて欲しく

        思うのです。

        もしも、こういった作品の製造する仕事が生まれたとしたら

        雇用にも繋がるんじゃないかってね。

        ここは徳島県です。

        徳島にはつまぶきで名を挙げた上勝町の「いろどり」があります。

        葉っぱがお金に化けた街です。

        そういう土地柄なのです。

        社会起業することが本当のボランティアではないかと

        私は思うのでした。


        にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログへ
        にほんブログ村
        ♂♂♂♂♂♂♂♂クリックして頂けるとうれしいです♪


        | 1/1PAGES |